コーヒーの内臓脂肪燃焼効果

いくら食べても太らない人もいれば、一生懸命運動してダイエットしても痩せない人もいます。

その理由として考えられているものは、人それぞれに基礎代謝が違うことに由来していると考えらえています。

基礎代謝とは、人が生きていくためのエネルギーの消費量のことです。痩せるためには、基礎代謝量を増やすことのなりますが、

基礎代謝の関係なく、痩せること(内臓脂肪を燃焼してくれる)食材があります。それがコーヒーであります。

そのコーヒーが内臓脂肪を燃焼してくれるメカニズムについて説明します。

脂肪細胞の代謝を促進してくれるコーヒーの効果

ある実験でマウスにコーヒーを与えたマウスとコーヒーを与えないマウスを2週間、体重を調べたところ、コーヒーを与えたマウスは、

大幅に体重が減少した実験結果を得ることができました。

その理由を調べてみると、コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸が脂肪細胞の代謝を促進させてという仮説であります。

その後もマウスにコーヒーを与え続けたところ体重が減り続けたので、体重を減らすのに、コーヒーが何らかの役割を果たしていることがわりました。

 

脂肪細胞の代謝を促進してくれるコーヒーの飲み方

カフェインが、脂肪細胞の代謝を促進してくれるていることは、これまでの研究により明らかになっています。

コーヒーのカフェインが、人間の交感神経を活発にさせる働きがあります。また、交感神経が活発になることにより、基礎代謝に効果的に促すことができます。

また、交感神経が優位のときに運動すると、さらに基礎代謝の効果を促進することができます。なので、運動する30分ぐらい前にコーヒーを飲むことで、基礎代謝を

上げることができます。カフェインの効果を持続させるために、3~4時間おきにコーヒーを飲むことを推奨されていますが、コーヒーの飲み過ぎにより、眠れなくなったり

するので、オススメはできません。逆に眠れなくなることにより、自律神経が乱れます。自律神経が乱れることにより、基礎代謝が低下します。なんで、ほどほどに

仕事の前や運動の前などに、コーヒーを飲むくらいのほうが、いいでしょう。以上でコーヒーが内臓脂肪の燃焼効果について説明させていただきましたが、カフェインが

内臓脂肪燃焼に関与していることがわかります。カフェインは、内臓脂肪を燃焼させるのは、効果がありますが、上記にも書かせていだだきましたが、くれぐれもカフェインの

取りすぎには注意をしてください。

 

食物繊維で内臓脂肪を減らす

野菜で内臓脂肪を減らすことができます。野菜には、たくさんの食物繊維が含まれ、ビタミンやミネラルなど体の調子を整える栄養素がたくさん入っています。

野菜は、カロリーが低いのが特徴であります。内臓脂肪を減らすことは、カロリーをいかに減らすかが、内臓脂肪を落とすポイントになってきます。

しかし、カロリーを減らすことばかりに注意がいき、食事の量を減らしすぎると、ストレスが溜まり、逆に、暴飲暴食をし、内臓脂肪を増やしてしまいます。

そこで、内臓脂肪を減らすのに、野菜やきのこや海藻類の食物繊維を含む食材が有効になってきます。食物繊維は、私たちの体で消化するには、時間がかかります。

そのため、満腹感が長く持続することが特徴であります。なので、食物繊維を食事の前に取ることにより、血糖値の上昇が緩やかになります。

それで、食物電位を取ることで、カロリーの摂りすぎ(食べ過ぎ)や血糖値の急激な上昇を抑えることができるというわけです。

効率よく食物繊維をとる方法は、野菜をスープやジュースで取ると食物繊維を摂りやすくなります。本当は、食物繊維を摂るのに、一番いいのは、生野菜を取るのが

いいのですが、生野菜を取るのはなかなか難しいです、なので、スープやジュースで取ることにより、より食物繊維を摂りやすくなります。

また、味付けを薄くすることで、長期間摂取しやすくなるので、注意したほうがいいでしょう。

 

マグネシウムが内臓脂肪減少に効果あり?

マグネシウムは、ダイエット(内臓脂肪減少)にはなくてはならない成分です、その理由を解説します。マグネシウムは、生きていく上では、必要な成分です。

そのため、生きていくため、ダイエット(内臓脂肪減少)しようとするには、マグネシウムは必要なため、サプリメントや食事で取ることになります。

そのマグネシウムは、約300mgは、1日必要とされています。マグネシウムを摂取することで、自然と代謝を上げ、痩せやすい体を作ることができます。

なので、マグネシウムは、ダイエット(内臓脂肪減少)には、なくてはならない成分であります。

また、酵素を摂取することで、内臓脂肪減少できると聞いたことがあると思います。酵素は、体の代謝を上げ、内臓脂肪減少してくれます。

その効果を助けているのが、マグネシウムであります。マグネシウムは、別名補助酵素と言われていて、内臓脂肪減少しやすい酵素を補助してくれます。

しかし、酵素だけでも、内臓脂肪減少することはできません。酵素とマグネシウムは、内臓脂肪減少には、なくてはならないのです。

また、マグネシウムをサプリメント以外の食品で摂取を考えているのであれば、硬水のミネラルウオーターがいいでしょう。硬水には、たくさんのミネラルが

含まれており、マグネシウムも豊富に含まれています。最初は飲みにくいですが、慣れれば飲むことができます。硬水の水以外での食品でも、

マグネシウムを取ることができます。その食品は、大豆製品で、納豆や豆腐やきな粉などであり、乾燥したものであれば、海藻類がそれにあたります。

しかし、マグネシウムを摂取しすぎると、下痢になりますので、注意が必要です。

 

男性に内臓脂肪が溜まりやすいのはなぜ?

内臓脂肪は、女性に比べて男性の方が溜まりやすい傾向にあります。内臓脂肪は、表面に出てこないため、隠れ肥満になっていることが多いです。

中年の男性で、事務系の仕事をしていて普段もあまり運動をしない人や女性でダイエットを繰り返ししている人が隠れ肥満になりやすいと言われています。

隠れ肥満にも2つのパターンがあり、皮下脂肪型肥満と内臓脂肪肥満がりますが、女性は皮下脂肪型になりやすく、男性は内臓脂肪型になりやすいです。

男性の内臓脂肪型は、成人病になりやすくなるため、内臓脂肪を取ることが必要であります。それならなぜ男性は、内臓脂肪型の肥満になりやすいのでしょうか?

男性と女性のホルモンによると言われています。女性は、エストロゲンのホルモンを持っているため、エストロゲンは、皮下に脂肪を溜める傾向があるので、

女性は、皮下脂肪型肥満になりやすく、男性は、エストロゲンを持っていないため、内臓脂肪型になりやすいといわれています。

また、内臓脂肪型肥満になると、脂肪細胞のホルモン分泌の性質が、悪玉に変わっていまいます。内臓脂肪型肥満でない人は、抗菌作用など様々なホルモンが分泌されます。

特に、アディポネクチンという善玉のホルモンが分泌されます。アディポネクチンは、血をきれいにさらさらにしてくれ、肝臓や筋肉で体脂肪を燃焼してくれる作用があります。

太ってくると、善玉ホルモンが悪玉ホルモンに変わってしまうのです。なので、太るとアディポネクチンの分泌も減り、動脈硬化も進み、血圧も上がり、成人病になりやすくなり、

悪循環になります。なので、内臓脂肪がつかないように、食事でカロリーを制限し、運動することが必要なのであります。